ひとり旅

最近、ひとり旅をする人が多くなりました。
日本の鉄道で駅弁を食べながら車窓からの景色を楽しむ旅、海外にバックパッキングでユースホステルや地元の安宿などを利用しながら巡る旅、寝袋を持って自転車と列車を組み合わせて行う日本の島めぐり、バイクにテントを積み野宿をしながら行う旅、ヒッチハイクで移動して宿を利用したり、旅先で知りあった人の家に泊めてもらうこともある旅、道の駅などを利用し車中泊で気ままに移動してゆく旅など。
他にも挙げればきりがないほど、実に様々なスタイルで行われています。
ひとり旅は、ツアー旅行と違って、前もって計画を立てなくても、行きたいと思えばすぐに行くことが出来ます。
ツアーのように、時間刻みのスケジュールに追われることなく、好きな場所に行って、好きなものを見て、好きなものを食べて、自分が疲れたら休むこともでき、気楽に旅ができます。
途中で出会った人とも、話したいだけ話すことが出来、そこから人間関係が広がることもあります。

しかし、逆に、何かに感動して共有したい時、周りに人がいなくて残念に思うこともあるかもしれません。
トラブルや怪我の際、添乗員さんなどがいないので、自分で対応しなければなりません。
旅館などでも気をつけなければならないのは、一人旅の宿泊が断られることがあります。
旅館は、複数人泊まることを前提としていますので、複数人泊まれば、人数分の料金を得られますが、一人なら、その料金が少なくなるからです。
特に、団体客が多く予約する繁忙期は、断られることもなきにしもあらずです。
また、その料金も複数人よりも高くなります。

しかし、最近では、一人で参加できるツアーもあります。
それを利用すれば、共有の楽しみが増えるでしょう。
行きと帰りの時間の融通が利かないものもありますが、移動手段と宿のみ手配のツアーもありますので、自由度が増します。
値段も安くできます。
色々なタイプありますので、自分に合ったタイプで楽しく旅ができれば、この上ないでしょう。

Comments are closed.